初心者から太公望まで!神奈川の海釣りなら【まるせ丸】神奈川県湯河原町福浦港

ルアーフィッシングからエサ釣りまで!神奈川の海釣りはお任せ!福浦港【まるせ丸】神奈川県足柄下郡湯河原町福浦495

HOME

HOME >>データ TOP >>釣物別アドバイス

アマダイ

アマダイ/画像1

まるせ丸では乗合船はほとんど親父さんが担当している「アマダイ」です。
けして船頭がアマダイ釣を嫌い、苦手じゃないんですよ。
ちょうどシーズンがアオリイカ・ホウボウと重なるので仕方が無いんですね。
船頭だってそこそこいけますよ、ちょっと謙虚に!!

竿
置き竿中心の方はマダイの置き竿用のものを流用ください。
手持ち中心で誘う方は180〜240cmの少し先調子のものが扱いやすいと思います。
一日持っているので、持ち重りのない感度の良い、なおかつ操作性のよいものを選んでください。
持ちっぱなしなのでひとつでも条件をはずすと、嫌になっちゃいますよ。
船頭はティップを削り込んだ竿を作ってもらい、置き竿と兼用で使っています。
普段は真鯛竿流用です。


リール
これはもう電動の独断場です。
水深90mでもすいすし、疲れたなんて言いませんし。
針にエサがついているだけのシンプルな仕掛けなので、手返しが重要ポイントですから。
小型のものを選らべば重さも感じないと思います。


道糸
PEの2〜6号200mで十分です。
2号を巻いておけばライトタックルにも流用できるのでおすすめです。
鯛と兼用なら4〜6号ですね。


テンビン
シンプルで小型のもの、食い渋りのときに差が出るような気がします。
シンプルな仕掛けだからこそ小物には良いものを使いましょう。



基本は70号です。
船に用意してあるのでお使いください。
マダイ、キダイが多いときはコマセカゴを利用するときもあります。


ゴムクッション
短めのもの、なくてもかまいません


好みですが船頭はマダイと同じ針です、エサが一匹掛けなので回らないものを選びましょう。
サイズはチヌの3〜4号、セイゴの12〜13号くらいですね。


ハリス
フロロの3号2mを基本にアレンジしてください。
夜行ビーズ等の小物も使い方で爆発します。
枝針は金具で接続しないほうが食いがよいような気がします。
置き竿派は3mで仕上げたほうが釣果UPにつながるようですね。
3m仕掛けは用意してあるのでいつでも言ってください。


釣り方
ポイントについたら仕掛けの投入です、錘から先に落としハリスを持ちゆっくりと投入してください、ロッドホルダーをセットしてあるのでご利用いただければ楽になると思います。
着底したら棚取りです。
底にいる魚ですがエサが漂っているほうが食いがスムーズなので錘の位置で調整します。
潮流、仕掛けの長さで若干の違いは出ますが1mくらいあげていれば良いでしょう。
後は釣れてくる魚で微調整してください。
カレイ、トラギスなどが多いときは棚が低い、ヒメコダイが多くなったら少し高いというのが基本的な判断でいいと思います。
誘いは小さくエビが動くように「チョン」ゆっくり大きくエサの落とし込み出くわせるイメージの誘いと、大きく2種類でいいと思います。
食い渋りのときは動かさないで潮に同調させる感じもありですね。
船頭はこのタイプです。
水中浮きの利用や、ちもとのガンダマも誘い方で効果は絶大です。
周りの状況で利用されるのも良いですね。
船頭からのアドバイスは小さなオキアミ2匹だけが頼りの釣ですから、面倒でも違和感があったら巻き上げて確認しましょう。
釣果がよい方はやっぱり手返しが良いですから。


↑PAGE TOP