初心者から太公望まで!神奈川の海釣りなら【まるせ丸】神奈川県湯河原町福浦港

ルアーフィッシングからエサ釣りまで!神奈川の海釣りはお任せ!福浦港【まるせ丸】神奈川県足柄下郡湯河原町福浦495

HOME

HOME >>データ TOP >>釣物別アドバイス

アオリイカ

アオリイカ/画像1

準備していただくタックルの説明からです
竿
1.3から1.8mくらいの船用の短めの小物竿(カレイ・アナゴ・キス用などのもの)、ルアーロッドなどでも代用はききますが最初からアオリイカ用のシャクリ専用の竿を使用されたほうが楽に楽しく出来ると思います。
最近はやりのロングロッドも釣趣の面では楽しめると思います。
1杯ずつを楽しんで釣り上げることが出来ると思います。
女性などの非力な方の両手シャクリにも対応できますから。
メバル用でも代用はOKですね。
船シャクリ用に高感度なルアーロッドベースの専用竿も出ていますので選択肢が広がっています。
選ぶときの注意点は本体の重さだけでなく、しゃくったときの重さの掛かり方、バランスにも注意してください。
船頭はいまだにショートロッド派ですけれども。
藤沢のマイルストーンで製作していただいています。
ちなみに現在9fのロングロッドも完成し、使用中です。
身体的原因で右手でシャクリ、イカが乗ってからは左手に持ち帰る動作にも対応できる、操作性のよさは特筆物です。


リール
小型の両軸、PE2号が100〜150m程度のキャパシティーがあれば十分です。
ショートロッド派の型には断然左ハンドルをお勧めします、どうしても右手で竿を持つのでイカが乗ったときに持ち替える必要が無いので、バラシを防ぐことも出来るし、棚取りの動作もすばやく出来るので、浅場の小物釣りにも応用できます、この機会にレフトハンドルにしちゃいましょう。
ロングロッドは持ち替えのときに竿がためてくれるので思ったほど外れません。
右手でサポートしながらの巻き取りも出来るので大物がかかったときにも安心ですね。
どちらにしても軽いものがいいと思います。


ライン
道糸はPE2号以下をお勧めしています、エギに伝わる直進性などで太糸を推奨する記事も多数見受けられますが船頭の拙い経験では早潮のときに軽い重りが使えなかったり、引き重りを感じたり、不具合のほうが多く感じられたので強度、直進性を求める方は2号、細糸の操作しやすさを求める方は0.8号くらいが良いのではないかと思います。
乗り合いの場合はオマツリになるのを考慮して2号以下でお願いしています。


中錘り
軽ければ軽いほど人間にもイカにも良いんじゃないかと思っています。
乗船時の人数、水深、潮流で細かく指示を出すときもありますが、基本的には8〜15号を使用しています。
形状はお好みで分かれると思いますが、信頼のおけるものを選べばよいと思います。
船頭は上下で対称のものが好みです、あまり短いものより長めが好きです。
絡みが気になる方は鋳込みテンビンもOKですよ。
ちょっと釣果に差があるような気もしますが。


ハリス
長さに関しては5mでお願いしています。
これも好みの分かれるところですがフォールで乗ってくることを考慮するとこのくらいは欲しいかなと思います、中錘よりもエギのほうが動く範囲が広いような気がします、ハリスを短くすると動きを制約している気がしてならないので、この長さになりました。
これ以上長いと動きが伝わりにくいようです。
自分で動作させているんだってイメージで釣りをする方は3mでもいいと思いますが、海底付近の潮が動いているときは、他の方と流れが変わってしまうのでオマツリ多発の時には調整いただく場合もあります。
太さに関してはお好みでどうぞ。
使用するエギのサイズが小さいときはでハリスの太さによる釣果の差が出るような気はしますが。
船頭はフロロの3号が基本です。


エギ
一番大事な直接イカと対話する部分ですね。
結局これも各自の好みが分かれるところですが同一銘柄の同サイズの色違いを何色かそろえると良いでしょう。
メーカーやサイズによってしゃくった時の感覚が違ってくるので、慣れてくるまではこだわったほうが分かりやすいと思います。
その後にサイズを変えたり、いろいろなメーカーのものを使用するのがいいと思います。
エギを選ぶのもこの釣りの楽しみの一つですから。
4号サイズから始めるとエギが下まで落ちるのが分かるのでイメージがわきやすいかもしれないですね。
船頭はシャクリ疲れが大嫌いなので3〜3.5号をメインに使用しています。
色に関しては澄み潮にはグリーン、ブルー 濁り潮にはピンク、オレンジというのが大雑把な分け方だと思います、その中で下地の色で使い分けたり、釣り座で変えたりという感じで選べるのが遊び方ではないかと思います。
船頭はグローベースが大好きです。
カラーテープはめったに使いません、けっこう釣れるんだけれどね。
金テープが早飽きするように感じるのは気のせいかな?

釣り方
まるせ丸では基本的に水深をアナウンスします、道糸とハリスを足した長さを水深に合わせてください。
海面であわせていただいています。
これでエギが海底から50cm〜2mくらいの間にあると思います。
どうしても着底後に棚取りをされる方は、ハリスの長さプラス1〜3m巻き上げてもらっています、これは道糸が潮の流れの分だけ実際の水深よりも多く出ていたり、斜めに落ちているための出ている分を調整するためだと思ってください、船は潮の流れに同調するように操船します、最終的には、はぼ垂直に海底にむかうはずです。
棚取りが出来たらシャクリです。
ほとんど海底付近にいるので他のイカのように必要以上に巻き上げてくる必要はありません。
稀に海面付近までエギを追いかけてくる個体もあるので時期でそんなイカを取る仕掛けも用意しますが、一般的ではないので割愛させていただきます。
シャクリ方は使う竿にもよりますが、手バネのように強くしゃくらなくても大丈夫です。
現場で見るのが一番だと思います。
文章では説明しづらいですから。
注意するのは穂先に道糸が絡まないようにシャクルのとシャクリあげた頂点で停める動作はイカがつきにくいような気がするのでお勧めしません。
上も狙えるという方がいますが上で止めるくらいなら棚をあげるほうがいいと思います。
エギが落ちていくときに捕食しようとすることが多いようですから。
シャクリは誘いをかける動作だけでなく、針掛かりさせる動作、誘いの準備動作でもあるのです。
イカが乗ったときのシャクリ動作を気にする方もいますがその前のシャクリ動作と、落ちていくエギの動きで捕食にかかっている場合が多いはずですから、そちらにも注意してください。
たまにシャクリきったところでちょっかい出すときもありますが、そんなときはすこし棚をあげるとスムーズになるときもあります。
イカが掛かったらはずれないように巻き上げです。
外れるだけでなく足が切れることもあるので早すぎる巻上げは禁物です。
引きを楽しむ余裕があるといいですね。
中錘を持ったら取り込みですが船縁にイカがつかないように、手を大きく伸ばし針の掛りどころを確認しましょう。
足一本など危なそうなときには網ですくいましょう。
お仲間や、船頭に声をかけてください、がっちり掛かっていれば抜きあげてもOKです。
勢いをつけて持ち上げると切れたり、墨を吐かれたりするのでゆっくりとした動作で持ち上げてください。
船に入ったら後は美味しく食べるだけです。
文章が下手で解りにくい部分は船で船頭に聞いてください。
どちらかというと教え魔ですから、漁師の裏技も言っちゃうかもね。
さあ予約の電話ですね。


↑PAGE TOP